お客様からのご質問

お問い合わせの多い質問やこんな時はどうするの?などを下記の通りまとめてみました。
もし、この内容以外でもわからない事があればお気軽にお問合せ下さい。

総合的なご質問

Q:予約についてですが、当日に予約すればいいのですか? また、先の予約でも可能ですか?
A:ご予約につきましては、当日より翌月の末日までのご予約を受け付けております。
お早めにご予約されることをお勧めします。
 
Q:メールでの予約は可能ですか?
A:メールでのご予約も受け付けております。
但し治療時間外の確認となりますので、ご希望日当日のご予約はお電話にてお願いいたします。
また、迷惑メール対策のドメイン指定をされている方は「gaina@hari-seitai.com」からのメールを受信できるように設定してください。

 

Q:治療院名の「がいな」とは、どのような意味ですか?
A:「がいな」とは、鳥取県西部の方言で「凄い」「ドデカイ」の意味で使われます。

 

Q:小さな子供がいるのですが、乳幼児を連れて行っての治療は可能でしょうか?
A:はい! 大丈夫だと思います。
女性スタッフもおりますので、治療のご予約を入れていただく際にその旨をお伝えください。

 

Q:先生は日本人ですか?
A:はい! 私は純粋な日本人です。
加えるなら、鳥取県出身です。・・・(笑)

 

Q:初診料はおいくらですか?
A:初診料は1,000円です。
初回来院時のみ登録料としていただきます。

 

Q:以前(1年ぐらい前)に行ったことがあるのですが、初診料はかかるのでしょうか?
A:かかりません。
初診料は初回来院時のみ頂きますので、当院に一度でもご来院されたことのある方は既に登録済ですのでお支払の必要はありません。

 

Q:かぜをひいた時のはりやマッサージ治療はどうですか?
A:かぜの初期症状のときには治療を控えた方がよいでしょう。
つまりかぜの症状が出て2~3日は侵入したウィルスに対する抗体を創っている時期なのでウィルスはまだ増えます。
その時期に循環を良くすると悪化する恐れがあります。
また、3日過ぎたころからは抗体ができあがっているので、その抗体が体中を巡れば早く治癒することになります。

 

Q:どうして、左側から治療を行うのですか?
A:東洋医学では「陽」は「陰」を兼ねると言われております。
病というのは弱い「陰」から起こり、強い「陽」に以降します。
また、治癒は強い「陽」から弱い「陰」へと治癒して行きます。
つまり、「陽」である左側から治療した方が治療効果が上がると言うことです。
また、左側には心臓があるので先に左側から治療を施して生体に与えるショックを和らげるという考えもあります。

 

Q:治療院はお2階ということなのですが、エレベーターはあるのですか?
A:当院は2階でエレベーターはありませんが、階段には手すりがあります。
また玄関には、ソファーがありますので靴の履脱は座ってできます。

 

Q:毎回同じ先生に診ていただけるのでしょうか?
A:はい! 当院では、私以外の女性スタップはアシスタントですので直接患者様に治療を施すのは私のみです。

 

Q:先生は若さを保つ秘訣は何だと思いますか?
A:いつまでも若さを保つ秘訣は、老廃物を貯めない事です。
つまり、日頃より水を飲んで、からだに貯まった老廃物を尿として排泄する事が大切です。

 

肩こりに関するご質問

Q:症状は肩こりなのですが、全身をマッサージする必要があるのですか?
A:肩こりの原因には乳酸が貯まる事によって引き起こされるので、その乳酸を排泄に導く必要があります。
そのためには全身をマッサージする事で全身の血流が改善される事により効果が増します。
注:部分的にマッサージをしても快くはなるのですが、効果は一時的なものでしかありません。

 

Q:疲労がたまり、肩から腰にかけてツライのですが、どのような治療を行うのですか? 具体的にお願いします。
A:(全身マッサージ〈50分〉の場合)
①はじめに、うつ伏せで全身(首肩から足先まで)をくまなく丁寧に指圧マッサージを施します。《30~40分》
その際にふくらはぎにはホットパックをおきます。
(これはふくらはぎを暖める事により全身の血流が改善しマッサージ効果をより高めるためです。)
②その後、左右横向きで首肩から腕にかけてマッサージを行い、肩関節・骨盤・腰の筋肉の調整のため整体を施します。
以上が基本的な整体マッサージ治療の流れです。

 

鍼灸(はり)に関するご質問

Q:鍼の効果は?
A:鍼の効果は、基本的に血管拡張作用です。
理論的に異物である鍼が体内に侵入した時、血管は防衛反応として血管収縮を起こします。
そして、鍼を抜いた時、その反動で血管は膨れます。
その反応を利用して、血流改善の必要な筋肉、つまり動きの悪い筋肉・損傷を追った筋肉・乳酸の貯まった筋肉など、その他、機能回復を必要とする内蔵の血管などに鍼治療を行う事で痛みや症状の緩和が、認められるのです。
また、WHOによる臨床医学的な効果について認められているのは、鎮痛作用や自律神経調整作用、血流改善作用、免疫系への影響などがあります。

※当院では、血管拡張作用をさらに高めるために、緩入速抜法(ゆっくり入れて早く抜く)を行います。 この刺法は東洋医学では「補」の刺法に値します。

 

Q:鍼(はり)治療をするときには、衣服を脱ぐのですか?
A:衣服を脱ぐ必要はありません。 部分的に鍼(はり)を入れる場所が開ける事が出来ればよいです。

 

整体に関するご質問

Q:骨盤矯正の必要性と効果は?
A:骨盤には体を動かすために必要なさまざまな筋肉が付着します。
上半身・下半身の筋肉がほとんど骨盤に着きます。
ですので、骨盤の歪みが原因で上半身の痛みや下半身の痛みを引き起こす事があるのです。
その場合、骨盤の歪みが原因と考えられれば骨盤の矯正を行います。

 

Q:間接の矯正とは?骨を鳴らしたりするのですか?
A:無理に骨を鳴らし事はしません。
ソフトカイロプラクティックやAKAと関節モビライゼーションによって関節可動域最大限近くに関節を拡げ、間接を正しい方向へ誘導して導きます。
(間接を無理に動かすのではなく、正しい方向へ誘導させるのです。
正しい方向へはさほど力を加えなくてもいとも簡単にもどるものです。
(注:骨が鳴る場合もあります。)

 

マッサージに関するご質問

Q:食後のマッサージは?
A:食後のマッサージは、最低30分以上過ぎてから行ったほうがよいでしょう。
これは、食後は消化器(内臓)に血液が充血しているので、その血液をマッサージにより皮膚表面に集めることは消化の妨げになるからです。

 

Q:足裏マッサージにはどのような効果があるのですか?
A:簡単に言えば疲労回復効果です。
足裏に貯まった老廃物を揉み散らして排泄へと導くのです。
終わった後のスッキリ感は何者にも変えがたいものです。

 

Q:フットマッサージで使っているオイルはどのようなオイルですか?
A:当院で使っているオイルは、スクワラン樹脂の配合クリームとユーカリオイルを混ぜ合わせたものを使っています。
ちなみに、この2種類のオイルは使用時に混ぜ合わせます。

 

その他、ご不明な点などございましたら、以下のアドレスよりお問い合わせください。
gaina@hari-seitai.com

 

お気軽にお電話ください

メールでご予約お問合せ

※迷惑メール対策のドメイン指定をされている方は「gaina@hari-seitai.com」が受信できるようにしてください

院名 がいな治療院 〈はり整体サロン〉
住所 〒191-0062 東京都日野市多摩平3丁目31-20 トッポ・レンジビル2F
営業時間 10:00〜13:00
14:00〜20:00
※お電話受付時間
 9:30〜20:00
定休日 毎週月曜日は、定休日のため休診となっております。
電話番号 042-583-3321
9月の休診日 平常通り月曜日定休でおこないます。
駐車場 専用駐車場完備(2台)
アクセス 豊田駅北口徒歩13分国道20号日野バイパス沿い
日野市立病院近く建物2Fのオレンジの看板が目印!
1Fは元「グラタン屋」
最寄駅
豊田駅(1km)
北八王子駅(990m)
バス停
コニカミノルタ南門バス停3m(すぐ目の前)